産経ニュース

【金曜討論】〈給食の牛乳中止〉 「栄養計算やめ食文化守れ」幕内秀夫氏/「成長期の健康維持に必要」中村丁次氏

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【金曜討論】
〈給食の牛乳中止〉 「栄養計算やめ食文化守れ」幕内秀夫氏/「成長期の健康維持に必要」中村丁次氏

 --伝統的な食文化についての理解の妨げになるとの声もある

 「『伝統的な和食』と『健康的な日本食』は違う。伝統的な和食を食べていたころの日本人の平均寿命は50歳前後。塩分過剰とビタミン・ミネラル不足でかっけや夜盲症に悩まされ、胃がんや脳卒中も多かった。日本人の体格がよくなり、平均寿命が80歳を超える長寿国となったのは、伝統的な低栄養の食事に欧米食が適度にミックスされたためだ。中でも牛乳乳製品はビタミン・ミネラル不足の解消に大きく貢献した。和食が持つ精神文化は尊重すべきだが、伝統的な和食に戻せば栄養失調状態となり脳卒中が増えるだろう」

 --食糧難のころと状況が違う

 「厚生労働省の調査では、経済的な差が栄養の格差となり、貧困層はビタミンAやカルシウムなど牛乳に含まれる栄養素が不足していることが明らかになっている。経済格差が広がる中、学校給食が唯一の栄養補給源になっている子供がいることを忘れてはいけない」

 --牛乳が栄養素のための調整弁に使われ、ひどい献立も目立つ

 「成長期の子供たちに必要な栄養素を満たすのに牛乳、乳製品が必要ということだ。今、米国やヨーロッパでも日本の給食制度を導入しようとしている。今日まで、多くの関係者の努力により、世界に誇るべき給食制度を作り上げてきたのに、なぜそれをわざわざ崩す必要があるのか」

                  

【プロフィル】幕内秀夫

 まくうち・ひでお 昭和28年、茨城県生まれ。61歳。東京農業大栄養学科卒。管理栄養士。伝統食と健康の研究を行う「フーズ&ヘルス研究所」主宰。著書に「粗食のすすめ」「変な給食」など。

                  

【プロフィル】中村丁次

 なかむら・ていじ 昭和23年、山口県生まれ。65歳。徳島大学医学部栄養学科卒。医学博士。平成23年から現職。日本栄養士会名誉会長。著書に「栄養の基本がわかる図解事典」など。

「ライフ」のランキング