産経ニュース

脱・なかしょく! コンビニ弁当に「健康」マーク 厚労省が1食分の栄養基準策定へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


脱・なかしょく! コンビニ弁当に「健康」マーク 厚労省が1食分の栄養基準策定へ

 「中食(なかしょく)」といわれるコンビニ弁当やスーパーの総菜をより健康的にし、生活習慣病などを減らそうと、厚生労働省がバランスのとれた「健康な食事」に認証マークをつける検討を進めている。1食あたりに必要な栄養の基準を策定する初めての試み。政府は和食の無形文化遺産登録を国の成長戦略につなげる方針で、中食業界も注目する。今夏までに成人向けの基準を定めて制度化する見通しだ。

 厚労省によると、平成23年現在、20~60代の成人男性のうち、生活習慣病につながる肥満の割合は31・7%、女性は19・7%に及ぶ。また、70歳以上の女性の22・5%、男性の14・5%は低栄養傾向にあり、日々の栄養摂取の問題が指摘される。

 一方、弁当や総菜などの中食産業は成長を続け、22年には6兆2100億円市場に達した。厚労省の担当者は「成人男性は特に弁当などの依存率が高く、独居の高齢者も宅配サービスなどを利用するケースが増えている」と指摘する。

 これまで成人が一日に必要とする栄養素の基準はあったが、1食あたりの基準はなく、同省ではこれを新たに策定。認証マークの導入で、健康増進や医療費の削減につなげる狙いだ。

「ライフ」のランキング