産経ニュース

【ゆるキャラ戦国時代】応募1675点から小中学生たちが選んだ栃木市の新顔「とち介」 ポイントは頭 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆるキャラ戦国時代】
応募1675点から小中学生たちが選んだ栃木市の新顔「とち介」 ポイントは頭 

 今月5日、栃木県栃木市は岩舟町を編入合併した。合併直前の3月下旬、新しい市のマスコットキャラクター「とち介」が披露された。

 栃木市は市中心部に古い蔵が並ぶ蔵の街。とち介も蔵の頭巾でアピールする。誕生日は合併した4月5日。特産のイチゴやブドウ、ジャガイモ入り焼きそばなどが好物だ。選定委員に漫画家のちばてつやさんらを迎え、全国から寄せられた1675点の応募作品の中から同市の小中学生によるアンケートを基に選ばれた。デザインを考案したのは東京都練馬区のデザイナー、杉原由希子さん(33)。「観光に訪れたときに感じた栃木市のイメージを基に考えた。子供たちに愛される存在になってほしい」と話している。

「ライフ」のランキング