産経ニュース

【ゆうゆうLife】病と生きる「歩くことは生きること」がん治療中も登山楽しむ 登山家・田部井淳子さん(74)

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
病と生きる「歩くことは生きること」がん治療中も登山楽しむ 登山家・田部井淳子さん(74)

 登山家、田部井淳子さんは2年前、がん性腹膜炎と診断された。手術と抗がん剤治療でがんはほぼ消失し、「寛解」となったが、抗がん剤の副作用とみられる手足のしびれは今も続いている。それでも毎週のように登山を楽しみ、海外の山にも挑戦している。山に行くと元気になる。「歩くことが生きること」と思っている。(平沢裕子)

 おなかがチクチクし、針でつつかれているような痛みを感じたのが平成24年の2月半ば。近所の胃腸病院に行ったら、「亜腸閉塞(へいそく)かもしれない」との診断。でも、なんか違うなと思いました。3月に講演で福島県に行く機会があり、郡山で泌尿器科医をしている兄に相談したところ、内科医をしている兄の娘婿の病院で診てもらうことに。そこで「大きい病院へ行った方がいい」と言われ、別の病院の救急外来で診察したら、即入院となりました。

 この病院の先生は「腹水の中にがん細胞があって、かなり深刻です」。とても若い先生で、ずっとうつむいていて私の目を見ようともしない。どのくらいの症状かを聞くと、「6月くらい…」。そのときは3月だったので、「余命3カ月? いや、それはないな」と思いましたが。

□ ■ □

 東京のかかりつけ医に相談して、結局、がん研有明病院に入院。検査していただいた結果、「今は良い薬があるので、5月半ばには『あれはなんだったんだ』ということになるかもしれませんよ」と言われました。この言葉を聞いた途端、食欲が出てきて、それまで8日間ぐらいほとんど食べられなかったのが病院の食事を完食しました。

「ライフ」のランキング