産経ニュース

南海トラフ巨大地震で火力復旧に「4カ月以上」 電事連が被害想定公表

ライフ ライフ

記事詳細

更新


南海トラフ巨大地震で火力復旧に「4カ月以上」 電事連が被害想定公表

 大手電力会社でつくる電気事業連合会などは15日、今後予想される南海トラフ巨大地震と首都直下地震が火力発電所におよぼす被害想定を初公表した。最悪の場合、南海トラフで6発電所(計882万キロワット)が「復旧に4カ月以上」、首都直下で2発電所(計235万キロワット)が「復旧に1カ月以上」かかるとした。原子力発電所の停止が長引く中、万一、巨大地震が発生すれば、火力頼みの電力供給に大きな支障が出そうだ。

 電事連などは今回、中央防災会議や自治体の被害想定を踏まえ、各社の火力発電所について復旧に要する日数などを集計した。

 南海トラフ地震では、被害が想定される東京、中部、北陸、関西、中国、四国、九州の電力7社と電源開発(Jパワー)の70発電所(計約1億2千万キロワット)について調査。津波ではほとんどの火力発電所が浸水せず、運転継続できるが、主に太平洋沿岸部に立地する6発電所が最大10メートル浸水し、復旧には4カ月以上かかると予想した。会社別では、関西2発電所(390万キロワット)、Jパワー1発電所(210万キロワット)など。

 また、震度7の大きな揺れで、11発電所(計2162万キロワット)がタービン建屋の損傷などで「復旧に1カ月以上かかる」とした。

 一方、首都直下地震では東電とJパワーの16発電所(計約4400万キロワット)を調査。津波被害はなく震度7の揺れが発生した場合、「復旧に1カ月以上かかる」のは東電とJパワーのそれぞれ1発電所だった。

「ライフ」のランキング