産経ニュース

高齢者の低栄養、栄養欠乏に警鐘 肉、魚などタンパク源を多様に 「日本人の食事摂取基準」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


高齢者の低栄養、栄養欠乏に警鐘 肉、魚などタンパク源を多様に 「日本人の食事摂取基準」

 エネルギーや栄養素の摂取量の目安を示す「日本人の食事摂取基準」。報告書が取りまとめられた2015(平成27)年版では、初めて高齢者の低栄養や栄養欠乏に警鐘を鳴らす内容となった。中高年以上の食事では食べ過ぎによる過剰栄養に注意が向けられがちだが、高齢者では適切な栄養が取れていないことが大きな健康問題の原因となっている。加齢とともに食べる量が少なくなるだけに、必要な栄養素を意識的に取る工夫が必要だ。(平沢裕子)

 脱ワンパターン

 高齢者の低栄養が問題となるのは認知症や転倒と並んで、要介護状態となる原因なためだ。中でも「サルコペニア」と呼ばれる老化に伴って筋肉量が減少する現象は、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)を引き起こす最初のきっかけの一つとして注目されている。

 年齢とともに筋肉量が減るのは摂取するタンパク質が足りていないため。女子栄養大学栄養生理学研究室の上西一弘教授は「高齢者の中には『もう年だから肉は食べなくてもいい』と言う人が結構いる。でも、肉や魚などタンパク源となるものをしっかり食べないと筋肉が減ってしまう。高齢者で体重が減ってきている人は栄養が足りていない可能性があり、注意が必要だ」と指摘する。

「ライフ」のランキング