産経ニュース

【父の教え】徹底的に突き詰める ITサービス会社「ねこじゃらし」社長・川村ミサキさん

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【父の教え】
徹底的に突き詰める ITサービス会社「ねこじゃらし」社長・川村ミサキさん

  イラストや写真、音楽や映像など創造力が作りだした作品データをインターネット経由で共有するサービスを展開するIT企業「ねこじゃらし」(東京都港区)社長、川村ミサキさん(35)。父親は文芸評論家で法政大学教授、川村湊さん(63)だ。

 ミサキさんは3歳から小学1年生まで、韓国・釜山で過ごした。湊さんが現地の大学で教鞭(きょうべん)を執っていたためだが、帰国後は生活が一変。「釜山では家にいなかった父が一日中、家にいて、食事と風呂と寝るとき以外はずっと本を読んでいる。勤めに行っているような友達のお父さんとは違うらしいと気づいたけれど、何をしている人かは分からなかった」

 食卓は父の社会に対する評論の場で、「とにかく批判ばかり聞かされていた」。しかし、子供には放任主義。誕生日祝いもなく、もらったのは年に1度のお年玉だけ。「◯◯しなさい」と言われずに育った。

 ミサキさんは大学生時代、インターネットベンチャー企業でアルバイトをしたのがきっかけで、パソコンを通じて世界中の人とつながる楽しさにはまり、家にこもった。4年になると周囲は就職を決めていくが、「父も好きなことをやろうと家にいたのを見ていたので危機感はなかった」と振り返る。

 湊さんは自らの若かりし姿をミサキさんに見たのか。志を立てるのを見守っていた節がある。湊さんに何をしているのかと聞かれ、居酒屋でアルバイトをしてると話すと、「お前はばかか」と一喝された。しかし、ミサキさんがコンピューターで音楽の創作を始めたのを知り、必要な機材一式にと、数百万円を用立てた。「必要と思ったら書店の棚に並ぶ本をまるごと買う人。機材費を出すと言い出したのはびっくりしたけど、『お前がやりたいことなら仕方ない』と」

「ライフ」のランキング