産経ニュース

苦境の新書救世主!? 表紙カバー? いいえ「特大帯」なんです

ライフ ライフ

記事詳細

更新


苦境の新書救世主!? 表紙カバー? いいえ「特大帯」なんです

 統一感があって比較的簡素にまとまっていた新書の装いが、どんどん派手になっている。宣伝文や写真を刷る帯に、本全体を包みこむような“超幅広”なものが増えているためだ。表紙を目立たせて売り場を確保するための仕掛けは、冷え込んだ新書市場の救世主になる?(海老沢類)

 ◆成果は上々 増刷も

 「新書大賞2014」の大賞に選ばれ、24万部に達したベストセラー『里山資本主義』(藻谷浩介、NHK広島取材班著)にも、特大の帯が巻かれている。休眠資産を再利用し、経済再生や地域コミュニティーの復活を目指す-。本の中で提言される未来像を伝える色鮮やかな写真と大きな宣伝文をあしらった帯は、単行本の表紙カバーと見まがうほどの存在感。だが、よく見ると幅が表紙より数ミリほど短く、端から定型の新書カバーがちらりとのぞいている。れっきとした帯だ。

 「写真や文字を大きく使えるので書店の売り場でも目を引く。かつてのベストセラーを装いを新たに売り込めるのも利点」と角川oneテーマ21の原孝寿編集長は語る。表紙カバーそのものを変える場合は取次会社などへの連絡が必要だが、帯の交換だけなら煩雑な手続きはいらない。そんな手軽さも手伝って、KADOKAWAは昨年夏以降5点ほどで試している。

「ライフ」のランキング