産経ニュース

【新型万能細胞「STAP」】研究者が腰を抜かしたノーベル賞級大発見 再生医療へ量産技術確立が課題

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【新型万能細胞「STAP」】
研究者が腰を抜かしたノーベル賞級大発見 再生医療へ量産技術確立が課題

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)らが開発した新型の万能細胞「STAP(スタップ)細胞」。常識を覆す大発見として世界的な反響を呼び、「ノーベル賞級」との声も上がるが、臨床応用への課題は少なくない。(伊藤壽一郎)

簡単に初期化

 ヒトを含む動物の体は、1個の受精卵が分裂を繰り返し、皮膚や臓器などのさまざまな細胞に変化していくことで出来上がる。この過程は細胞の分化と呼ばれ、受精卵のような状態に戻すことを初期化という。

 いったん分化した体の細胞は通常、元に戻らないが、人工的に初期化し、あらゆる細胞に分化する能力を持たせたのが万能細胞だ。

 万能細胞は受精卵の内部の細胞を取り出して作る胚性幹細胞(ES細胞)と、京都大の山中伸弥教授が皮膚などの細胞に遺伝子を注入して作製した人工多能性幹細胞(iPS細胞)が知られていた。

 STAP細胞はこれらに続く「第3の万能細胞」で、小保方さんが「生物の新たなメカニズムの発見」と話す通り、革命的な成果といえる。

「ライフ」のランキング