産経ニュース

お墓の引っ越し 高額な「離檀料」 トラブルも

ライフ ライフ

記事詳細

更新


お墓の引っ越し 高額な「離檀料」 トラブルも

 少子高齢化や地方の過疎化などに伴い、無縁墓や荒れる墓が増えているという。こうした中、簡単に墓参りができる場所へ墓を引っ越す「改葬」を考えている人もいる。しかし、改葬をめぐるトラブルも少なくない。

 近くにあれば

 「『離檀料? 600万円?』。聞いて耳を疑いました」

 こう話すのは、東北地方から東京へ、墓の引っ越しである「改葬」をしようとした男性(69)。出身は東北だが、東京で40年近く暮らしている。「終活」を考える中で、先祖代々の墓を東京に引っ越す決意をした。東北のある寺の境内にある先祖代々の墓は、津波の被害こそ受けなかったものの東日本大震災で倒れてしまった。

 自分たち夫婦も年だし、2人いる娘も東京で暮らしている。毎年のように家族旅行を兼ねて墓参りに行っていたが、将来を考えて家の近くの納骨堂に墓を移そうと思い立った。娘らは嫁いだが、近くに両親の墓があれば参拝にきてくれるだろうと考えたからだ。

 平成25年の夏、夫婦で盆の墓参りに行ったとき、住職に改葬の話を持ち出した。「すると、住職が突然、怒り出した。『遺骨を外へ出すなら離檀料を600万円払ってほしい』って言うんです」。「なんでそんな額になるのか」と聞いたら、「あなたたちが墓参りに来ないときでも、寺は毎日のように供養してきた。あなたの両親の月命日にもちゃんとお経をあげてきた」と答えたという。

「ライフ」のランキング