産経ニュース

ブレーク寸前、奈落の底に! はい上がったミスユニ埼玉代表・薗田杏奈さん 伝えたい「日本人女性の美しさ」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ブレーク寸前、奈落の底に! はい上がったミスユニ埼玉代表・薗田杏奈さん 伝えたい「日本人女性の美しさ」

 世界に通用する容姿と内面を兼ね備えた日本女性「ミス・ユニバース・ジャパン」を47都道府県の代表から決めるため、昨年11月、埼玉県でも県代表を選ぶ大会が行われた。350人の応募者から栄冠を手にしたのは、所沢市の保育士、薗田杏奈(そのだ・あんな)さん(25)。ファッションモデルや女優として芸能界で活動し、ブレーク寸前に奈落の底にたたき落とされた過去を持つ。円形脱毛症、対人恐怖症、引きこもり…。地獄を乗り越えた彼女は「私の体験を伝えて同じ悩みの女性を救いたい」と立ち上がった。(さいたま総局 安岡一成)

 「私はブログのなりすまし被害に遭い、円形脱毛症にもなりました。乗り越えた今、その体験を伝えたい」

 昨年11月2日、深谷市内で開かれたミス・ユニバース日本代表の候補者を選ぶ埼玉大会。最終審査のスピーチで、華やかな衣装に身を包んだ美女たちが明るく前向きに思いを語り、特技を披露する中、涙ぐみながら切々と自らの苦労を語る彼女の姿があった。その1時間後、彼女はグランプリを獲得し、スポットライトと喝采の拍手を浴びた。

 くっきりした目鼻立ち、白い歯、長いまつげの大きな瞳…。メリハリあるスレンダーな体形は7歳から続けているクラシックバレエで磨き上げたもの。カメラのレンズを向けたら一瞬で完璧(かんぺき)な表情を作れるのは14歳でスカウトされたファッションモデル仕込みだ。

 次々とオーディションを勝ち抜き、同級生が読むファッション誌に登場したり、女優として連ドラに出演したり…。全国的にブレークするのも時間の問題といわれた。何もかもが順風満帆だったが、転機は20歳すぎにやってきた。

 ■ ■ ■

 「14歳のとき、自分でもよく分からない世界に入れてしまい、レールを敷いてやれなかったことは親としても申し訳ないと思う。でも、本当は何になりたいの?」

 寡黙な父と久しぶりにじっくり話したとき、父の言葉にはっとさせられた。

「ライフ」のランキング