PR

ライフ ライフ

【貳阡貳拾年 第1部・111人の予想図(6)下】iPS細胞は世界トップ維持も「五輪後」見据えた構想力を

Messenger

前のニュース

 宇宙とともに今後の科学の鍵を握る生命分野。京都大の山中伸弥教授(51)が開発した人工多能性幹細胞(iPS細胞)による夢の再生医療の実現に期待が高まる。山中さんは「iPS細胞を使った再生医療は日本が世界の牽引(けんいん)役になっている。安全性を確認する必要があり、一気に普及というわけにはいかないが、20年でも日本が世界のトップを走っているのは間違いない」と断言する。

 iPS細胞を使った再生医療は昨年、加齢黄斑変性という目の病気を対象に、世界初の臨床研究が日本で始まった。山中さんは20年をこう展望する。

 「今年中に臨床研究の移植が始まる加齢黄斑変性は、治験の動きが出てくるだろう。さらにパーキンソン病や脊髄損傷、心不全に対する心筋の移植、再生不良性貧血に対する血小板輸血などの臨床研究が始まっているのではないか」

 ただ、iPS細胞を薬の開発に生かす創薬については「欧米には臨床研究に入っている薬が必ずあると思うが、日本の将来は見えない状態。何とかしなければ」と危機感を抱く。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ