PR

ライフ ライフ

【貳阡貳拾年 第1部・111人の予想図(2-4)】「移民受け入れ、徐々に増える」

Messenger

 □英紙フィナンシャル・タイムズの「資本主義の論客50人」に選ばれた元シンガポール外交官

 ■キショール・マブバニさん(65)

 (1)世界中が日本文化を称賛している。アジアの中間層が繁栄して旅で日本を訪れるだろう。現在約5億人のアジアの中間層が17億5000万人と3.5倍になる。人類の歴史で見たことのない大変化だ。環境や食糧問題では多くの試練が待っている。中印が1人当たりの所得で米国と並び、同じ量の消費を始めたら、世界は持たない。消費を減らす能力が必要だ。(2)世界におけるアジアの役割、責任を論じている。(3)日本は徐々に移民受け入れも増やすべきだ。多様化した世界との付き合い方を学んでいくことになる。

 □自民党厚生労働部会長

 ■丸川珠代さん(42)

 (1)男性の育児休業取得が進み、女性が子育てをしながら働きやすい環境になっている。少子化は改善されるだろう。東南アジア諸国連合(ASEAN)の発言力が増し、アジアへの注目がさらに集まる。逆に中国経済はどうなっているか…。(2)長男が小学2年になるので「一生懸命勉強しなさい」と言っているかも。2人目の子供ができるよう頑張らないと。(3)団塊世代が後期高齢者になる「2020年の後」に向けた取り組みに本格的に着手しなければならない。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ