PR

ライフ ライフ

【貳阡貳拾年 第1部・111人の予想図(2-4)】「移民受け入れ、徐々に増える」

Messenger

 □史上初の新人での賞金王になったプロゴルファー

 ■松山英樹さん(21)

 (1)日本国民、企業などから1年を通して五輪が注目され、盛り上がればよいと思う。世界から日本が注目され、世界的にもスポーツ界がさらに盛り上がっていてほしい。(2)自分もゴルフ日本代表として選手の一員になれたら良いと思う。

 □ゲノム医科学者の東京大学教授

 ■間野博行さん(54)

 (1)遺伝子診断によるがんの治療が急速に進む。日本では個別の遺伝子ごとに診断しているため費用がかかっているが、2020年までにより安く網羅的な診断が可能になり、米国などと差は縮まる。がんや遺伝性疾患の原因となる遺伝子の発見で有効な薬が増えるだろう。(2)若い患者に多いがんの遺伝子を探す研究を進めているだろう。(3)がんは遺伝子の変異で起きるが、変異が少ない若年層のがん遺伝子はさまざまな場所のがん発症に強い影響を持っている可能性が大きく、これを見つければ治療への応用の幅が広がる。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ