PR

ライフ ライフ

【貳阡貳拾年 第1部・111人の予想図(2-3)】「中国GDPが日本の2倍に」

Messenger

前のニュース

 □本紙「ミッション 建国」連載中の作家

 ■楡周平さん(56)

 (1)6年後まで国の財政がもつのか、非常に心配で、少子高齢化がますます大問題となってくるはずだ。また、環境問題で中国が立ち行かなくなる恐れがある。中国は自滅する前に尖閣諸島に出てくるだろう。東京五輪どころではなく、開催の返上もあり得る。(2)まだ、この世界にいるかどうか。小説を書き続けていたいが、出版界自体が右肩下がりで、小説を書いても発表できる媒体がどれだけ残っているか不安だ。今、小学生の子供を養うために働き続ける必要はあるが、執筆は体力的に厳しく、転職を考えてみたりもする。

                   ◇

 □前駐中国大使

 ■丹羽宇一郎さん(74)

 (1)人口減少リスクが響く時代。技術革新で労働生産性をあげ、教育に投資できるかがカギだ。社会保障に加え健康な長寿社会を支えるには生命科学の研究推進が重要。安全確保の上で原発再稼働を考えないと産業競争力がどんどん低下する。(2)世界の中の日本を考え、尊敬される若者を育てる教育に関わり続けたい。(3)中国の経済成長率は5%くらいに落ちる可能性もあるが、今にも崩壊するかの見方はありえない。名目国内総生産で米国を逆転する可能性もある。日本も14億人超の衣食住の商機を逃す手はない。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ