産経ニュース

村下孝蔵氏の故郷、熊本・水俣に「初恋通り」誕生

ライフ ライフ

記事詳細

更新


村下孝蔵氏の故郷、熊本・水俣に「初恋通り」誕生

 平成11年6月に46歳の若さで亡くなったシンガー・ソングライター、村下孝蔵氏のヒット曲「初恋」を顕彰する歌碑が、故郷である熊本県水俣市の商店街「ふれあい一番街商店会通り」に設置された。商店会は商店街の愛称も「初恋通り」と改め、昭和の名シンガー・ソングライターゆかりの地であることをアピールし、地域活性化につなげようと取り組んでいる。(谷田智恒)

 11月17日に設置された歌碑(高さ90センチ、幅1・6メートル)には、少年の切なく揺れ動く心模様を描いた「初恋」の歌詞が刻まれた。碑の側には、ラブレターにちなみ、昔ながらの赤い郵便ポストも置かれた。

 村下氏は昭和28年2月、水俣市と周辺に最大7軒もの映画館を営む夫婦の第3子として生まれた。「若大将」で知られる加山雄三氏に憧れて、ギターを始めた。

 「初恋」は村下氏の中学時代の実体験が基になっている。

 水俣第一中で同学年の少女に恋をした村下氏。少女はテニス部に属し、進学クラス在籍の村下氏は放課後に校庭を眺めることしかできなかった。先生から「外ばかり見るな!」と、注意を受けたこともあったと振り返っている。

 仲を取り持つという姉に「よかと。遠くで見ているだけでよか」と答えた少年。2年の夏、少女は家族とともに転居。水俣を離れる日も、思いを胸の奥に秘めて、陰から見ているだけだったという。

「ライフ」のランキング