産経ニュース

【両陛下ご葬送 火葬に】歴代の天皇、3分の1は火葬

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【両陛下ご葬送 火葬に】
歴代の天皇、3分の1は火葬

 天皇の火葬は、皇室の歴史からは珍しくなく、歴代天皇の約3分の1は火葬。122人(2人は2度即位した重祚=ちょうそ=)の天皇のうち、土葬は73人で、火葬は41人。8人は不明だ。また、122人に含まれない南北朝時代の北朝の天皇6人のうち5人も火葬。一方で、土葬には、実在について議論がある初期の天皇も含まれている。

 天皇陵の歴史をたどると、巨大な墳丘を築いて土葬した古墳の時代から、仏教の影響で火葬を採用した薄葬(はくそう=簡素化)の時期、さらには明治以降へと、大きく分けることができる。

 ヤマト政権は3世紀の後半ごろ、奈良盆地で成立したと考えられている。宮内庁が崇神(すじん)天皇陵とする行燈山(あんどんやま)古墳(奈良県天理市)は全長約240メートルの前方後円墳で、天皇陵は同時代の古墳の中でも最大の規模や構造、副葬品を持つ墓として築造された。

 古墳は5世紀代に最も規模が大きくなる。最大のものは全長約490メートルの仁徳天皇陵(大仙=だいせん=古墳、堺市)で、以降、墳丘の規模は縮小する。埋葬前には、遺体を長期間安置する「殯(もがり)の儀礼」が行われた。

「ライフ」のランキング