産経ニュース

長野県「朝練廃止」 中学生部活動 「睡眠不足、成長に弊害」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


長野県「朝練廃止」 中学生部活動 「睡眠不足、成長に弊害」

 ■県教委、年内にも指針

 中学校での運動部の練習が生徒に与える負担を検討するため長野県教委が設置した有識者委員会が13日、「朝練習は睡眠不足を招き成長に弊害がある」として原則やめるべきだとする報告書をまとめた。これを基に、県教委は年内にも朝練の原則禁止を求める指針を各中学校へ示す見通し。

 指針に強制力はないが、伊藤学司県教育長は同日、「効率的な部活動を行うきっかけにしてほしい」と述べた。文部科学省は、全国の自治体で同様の動きは把握していないとしている。

 報告書は、県内の96%の中学校で朝練が行われ、3割の運動部で1日3時間以上練習していると指摘。県教委の調査では、朝練に参加する生徒のうち2割は午前6時半前に自宅を出ており、3割は「睡眠が不十分」「疲れて授業に集中できない」と回答していた。

 県教委によると、大部分の学校で年間を通し朝練をしているのは、全国でも長野が突出しているという。

 報告書はまた、運動部の加入率が全国平均より7%低いとし、「過度な活動や疲労の蓄積からスポーツ障害やドロップアウト、燃え尽き症候群に陥る可能性も否定できない」と分析。

 その上で、勝利至上主義に偏らない生徒の自発的な活動を促す指導を求め、(1)週に2日は休養に充てる(2)平日の練習は放課後の2時間程度が適切(3)休日の練習は午前、午後にわたらない(4)朝練は原則として行わない(5)部活動の延長として行われる社会体育活動は見直す-ことを提言した。

「ライフ」のランキング