産経ニュース

【書評】「死」を孕む「生」の深さ 『鏡の花』道尾秀介著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
「死」を孕む「生」の深さ 『鏡の花』道尾秀介著

 いったい道尾秀介という作家は、どこまで読者の想像力を信じ、挑みつづけるのだろう? 新刊『鏡の花』は、そう思わずにはいられない仕掛けに満ちていた。

 一章でベランダから落ちて死んだはずの翔子が、四章では落ちずに高校生として生き延びている。四章では代わりに弟の章也が交通事故で死に、姉の翔子に悼まれている。友達の真絵美とその弟直弥の母親が、四章には登場するのに、五章では両親とも火事で死んだという。

 こう書くと、あまりに奇矯(ききょう)な物語に思えるかもしれない。しかし実際には、すべて生と死が風景ごとじつに丁寧に描かれるため、読者はその死を記憶したまま更なる生にも説得されることになる。

 二章で水死した瀬下は、他の章では妻の栄恵と共に退職後の自適な暮らしを楽しみ、息子の俊樹は海辺の崖から滑り落ちて三章で死ぬのだが、五章では結婚し、父親になりかかっている。こんなふうに描かれれば、どんな人生も陰りと深みを帯びるのは間違いない。人は被災者に限らず、他者と自らの死も孕(はら)みながら生きているのだ。

「ライフ」のランキング