産経ニュース

お好み焼き粉などダニ繁殖、アレルギー発症 開封後は必ず冷蔵保存を

ライフ ライフ

記事詳細

更新


お好み焼き粉などダニ繁殖、アレルギー発症 開封後は必ず冷蔵保存を

 開封後に使い切れなかったお好み焼き粉などの粉製品を輪ゴムなどでとめ、常温保存している家庭は多いのではないだろうか。保存中にダニが繁殖し、それを使った食材でアナフィラキシーなどのアレルギー症状を発症するケースが報告されている。専門家は開封した粉製品は必ず冷蔵保存するなど呼び掛けている。(平沢裕子)

既往ない人も

 粉製品に混入したダニを食べたことによるアナフィラキシーは1993年に初めて確認。海外ではホットケーキが原因のことが多く、「パンケーキ・シンドローム」とも呼ばれている。

 日本ではお好み焼きが原因のことが多い。はらだ皮膚科クリニック(兵庫県西宮市)の原田晋院長が国内で発症した38例を分析したところ、9割がお好み焼き・タコ焼き、残りがホットケーキとピザ。これらの粉製品は開封後に数カ月から数年にわたって常温保存されていた。

 原田院長は「お好み焼きでの発症が多いのは、お好み焼き粉は小麦粉単体より長期間保存されることが多いのと、魚介エキスやアミノ酸が加えられていることでダニがわきやすいためだろう」と指摘する。

 アナフィラキシーなどアレルギー症状が出た人はダニアレルギーで、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などを既往している人がほとんど。中には発症までアレルギー疾患の既往がない人もいた。「ダニアレルギーでない人も繰り返しダニ混入の食品を食べることで、ダニアレルギーとなる可能性があるのかもしれない」と原田院長。

 原因となったダニは、コナヒョウヒダニやケナガコナダニなど室内に普通にいる種類で、開封後に袋内に混入し、常温で保存する中で繁殖したとみられる。

「ライフ」のランキング