産経ニュース

【月刊正論】殺人教師にでっち上げられて10年…モンスターペアレントとの長き闘い

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【月刊正論】
殺人教師にでっち上げられて10年…モンスターペアレントとの長き闘い

 異常なクレームとバッシング報道に脅えた校長と市教委は、全ての責任をひとりの教師に押しつけた。そして彼らは今…(ノンフィクション作家・福田ますみ 月刊正論5月号

 ショッキングな事件とあらば飛びつくマスコミにとって、これは格好のネタだったに違いない。

 2003年5月、福岡市の公立小学校の教師が、教え子の児童に対し、人種差別によるいじめや体罰、自殺強要を行ってPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症させたとして、バッシング報道が繰り広げられた事件があった。

 きっかけは朝日新聞西部本社版の記事だが、一躍全国区にのし上げたのは「週刊文春」である。

「『死に方教えたろうか』と教え子を恫喝した史上最悪の『殺人教師』」。目を剥くようなタイトルと実名、顔写真を晒しての告発に、全国ネットのワイドショーまでが取り上げる大騒動になった。

 2007年1月に発行された拙著『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』(新潮文庫)は、関係者の証言によってこの事件を再現し、教諭が無実であることを訴えたルポである。児童の保護者による民事訴訟の控訴審の判決で、わずかな体罰やいじめが認定されてしまったところで締めくくったが、教諭の冤罪を確信している筆者としては納得のいかない幕切れだった。

「ライフ」のランキング