新型コロナ 北海道で新たに10人感染 - 産経ニュース

新型コロナ 北海道で新たに10人感染

札幌市役所(寺田理恵撮影)
 北海道と札幌、小樽の両市は21日、道内で新たに10人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。道内の感染者は延べ1681人(実人数1661人)となった。
 札幌市は21日、繁華街すすきの地区のキャバクラとスナックなど3件のクラスター(感染者集団)が収束したと発表した。また、同地区の接待を伴う飲食店の感染者が2人増え、36店で計68人になったことも明らかにした。
 道内の21日の新たな感染者は、札幌市4▽小樽市3▽石狩地方2▽根室市1-の計10人。このうち小樽市の60代男性1人が中等症で、ほかの9人は軽症か無症状。
 札幌市の4人はいずれも20代で男性3人と性別が非公表の1人。同市によると、4人とも感染経路が不明となっている。
 小樽市によると、同市の3人のうち1人はクラスター(感染者集団)が発生している小樽市立病院の看護師で、同病院の感染者は計18人となった。
 ほかの2人は同病院に定期的に通院している60代男性とその同居家族だが、市は男性が同病院で感染したかどうかについては調査中としている。
 道によると、石狩地方の2人は同居家族の90代男性と60代女性。男性の感染経路が分かっていない。根室市の1人は20代の男性で症状は軽く、感染経路が不明となっている。
 21日午後6時時点の患者数は115人で、このうち3人が重症となっている。