神奈川で33人感染 若い世代、経路不明多数 新型コロナ - 産経ニュース

神奈川で33人感染 若い世代、経路不明多数 新型コロナ

神奈川県庁=横浜市中区(高橋天地撮影)
 神奈川県で新型コロナウイルスの感染者が新たに計33人確認され、26日に各自治体が公表した。30代以下の若い世代が半数以上を占め、計21人の感染経路が分かっていない。
 発表自治体別の感染者は、横浜市16人▽川崎市7人▽相模原市2人▽横須賀市4人▽藤沢市1人▽その他県域3人。
 年代別では、10代1人▽20代14人▽30代4人▽50代6人▽60代6人▽70代1人▽非公表1人-で、40代と80代以上はいなかった。
 横浜市では16人中11人の感染経路が分かっていない。そのうち10代女性は、県内の医療機関に勤める看護助手だった。また、20代女性は、市内の接待を伴う飲食店の従業員だった。
 川崎市の7人は20~60代の男女で、職業は会社員、自営業、フリーターなど。そのうち4人の感染経路が分かっていない。
 相模原市の2人はいずれも市内に居住する20代男性。一人は県内の会社員で、これまでに市内で感染が確認されている患者の濃厚接触者。もう一人は東京都内の会社員で、感染経路は分かっていない。
 横須賀市は4人中3人が同居家族で、これまでに家族のなかで感染者が確認されていた。ほかの一人は、市内に住む会社員の20代男性で、感染経路は不明。
 藤沢市の感染者も会社員の20代男性で、感染経路は分かっていない。
 その他県域では、横浜市に住む20代男性、鎌倉市に住む50代男性、大和市に住む30代女性の感染がそれぞれ確認され、県が発表した。3人とも感染経路は分かっていない。