初診からオンライン可能に 厚労相が検討表明 - 産経ニュース

初診からオンライン可能に 厚労相が検討表明

出席者全員がマスクを付け行われた経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(手前)=31日午後、首相官邸(春名中撮影)
 加藤勝信厚生労働相は31日の経済財政諮問会議で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う院内感染のリスクを低減するため、感染が疑われる患者に対する初診をオンラインでも対応可能とできるかどうか至急検討すると表明した。
 安倍晋三首相は会議で「医師、看護師を感染リスクから守るためにもオンライン診療を活用していくことが重要だ」と述べ規制改革推進会議で緊急対応措置をまとめるよう指示した。
 厚労省は特例として、対面診療の結果、陽性と診断され、無症状や軽症のため自宅で療養する患者に対し、診断した医師が電話やオンラインで診療することを認めている。ただ初診は対面が原則となっている。
 初診でもオンラインで診療できるようになれば、医療従事者の感染リスクを減らせるだけでなく、他の病気の患者が安心して通院できるようになるメリットがある。