【河谷隆司の侍イングリッシュ】着任したばかり I’m new. - 産経ニュース

【河谷隆司の侍イングリッシュ】着任したばかり I’m new.

 シンガポール駐在夫人の和子さんに、電話がかかってきました。ところが現地のなまりがきつすぎて、和子さんはさっぱり聞き取れません。思わずこう言って電話をガチャンと切ってしまいました。
 “I’m sorry,I’m Japanese.(ごめんなさい、私は日本人です)”
 これはショッキングな事件です。聞き取れなかったのは自分の責任で、日本人であることが原因だと言っているのですから。原因は国籍ではなく、現地なまりに不慣れなだけなのです。海外では対等、平等という価値観が大切にされ、聞き取れなかったのは和子さんだけの責任ではありません。
 さて、国際社会で対等に渡り合う侍英語なら、どのように言い換えることができるでしょうか。
 I’m new to Singapore.You need to slow down.I don’t understand you.(私はシンガポールへ来たばかりです。ゆっくり話して。まったく理解できません)
 これでいいのです。本来、コミュニケーションは双方の理解がゴールです。I’m newは、人事異動先などでも用いることができます。着任のあいさつやコピー機、備品の場所などを聞くとき、笑顔でI’m new here(着任したばかりです)と話しかけてはいかがでしょう。new(新しい)という単語は、英語を学び始めるとすぐ登場しますが、こんな使い道も知っておくと、初対面の会話の幅が広がります。
See you next time!(異文化マネジメント・コンサルタント)
 「産経オンライン英会話」はライフスタイルに合わせて朝5時から深夜25時までいつでも英会話レッスン。無料の体験レッスンは日本人講師も選べるので初心者も安心!https://learning.sankei.co.jp/