【昭和天皇の87年】危うい朝鮮半島 伊藤博文は韓国を「世界ノ文明国タラシメン」とした - 産経ニュース

【昭和天皇の87年】危うい朝鮮半島 伊藤博文は韓国を「世界ノ文明国タラシメン」とした

画=豊嶋哲志
韓国併合(1)
 アジアの強国となった近代日本の大黒柱であり、大帝とも呼ばれた明治天皇の崩御が、国内外に与えた影響は計り知れない。とくに東アジア情勢は崩御の数年前から揺れ動き、やがて日本と裕仁親王、すわなち昭和天皇の運命を大きく狂わすことになる。
 その震源地は、朝鮮半島だ。
 そもそも明治維新以降、朝鮮半島は常に日本のアキレス腱(けん)であった。この地に西欧列強の、ことにロシアの勢力が深く入り込めば、極東の安全保障は重大な危機に陥る。
 日本が近代化を成功させつつあった頃、朝鮮半島を治める李氏朝鮮は中国(清)を宗主国とする冊封(さくほう)体制(※1)下にあった。朝鮮の地位が、列強の侵食が進む清の従属国のままでは将来が危うい。明治27年、日本は朝鮮の独立と指導権獲得を求めて清と開戦、勝利する。だが、日清戦争後も情勢は安定しなかった。朝鮮王室を中心とする勢力が、南下政策を進めるロシアに接近していったからだ。
 日本は朝鮮の内政改革を進めようとしたが、実権を握る閔妃(ミンビ・※2)ら守旧派の妨害もあり、成果をあげられなかった。
 イギリスの女性旅行家、イザベラ・バードが書く。
 「日本が改革に着手したとき、朝鮮には階層が二つしかなかった。盗む側と盗まれる側である。そして盗む側には官界をなす膨大な数の人間が含まれる。『搾取』と着服は上層部から下級官吏にいたるまで全体を通じての習わしであり、どの職位も売買の対象となっていた」
 改革が進まない中、日本軍守備隊や大陸浪人、朝鮮訓練隊などが王宮内に乱入し、閔妃を殺害する重大事件が起きる。世界に悪名をはせた乙未(いつみ)事変だ(※3)。事件の背景や殺害の実行犯については諸説あるが、日本の全権公使、三浦梧楼が主導的に関わっていたことは明らかで、日本外交史上、最悪の汚点といえるだろう。
 事件後、国王の高宗はますますロシアに接近、混乱と危機が深まっていく。日露関係は緊張し、日本は国防上、ロシアと開戦せざるをえなかった。
× × ×
 日本が朝鮮半島の指導権を確立するのは、日露戦争に勝利してからだ。日本は明治38年、国号を「大韓帝国」にかえた朝鮮=韓国と第2次日韓協約を締結、その外交権を接収した。
 ただ、韓国外交を統御する初代統監となった伊藤博文には、韓国の独立までを奪う気持ちはなかった。
 伊藤は39年2月、韓国赴任を前にした立憲政友会主催の送別会で、こう演説している。
 「日本は日本の独立を保全する為め巳むを得ず彼れ(韓国)を保護するにありて決して害意のものにあらざるを知らしむるを要する」
 韓国の独立を維持するには、前近代的な政治社会と決別し、法治を根付かせ、文明国の一員となさなければならない。それが自分にはできると、かつて日本の近代化をリードした伊藤は思っていた。
 伊藤は赴任後、韓国閣僚との協議会でこうも述べている。
 「自分ノ此ノ地ニ来任セルハ韓国ヲ世界ノ文明国タラシメント欲スルカ故ナリ」
 この言葉に、偽りはなかっただろう。統監の職務は外交だが、伊藤は韓国の政治指導者らの協力を得て、内政改革に奔走した。
 特筆すべきは、近代国家の体をなしていなかった司法のあり方に、深くメスを入れたことだ。
 当時の韓国は、犯罪容疑者の検挙から裁判までを地方行政官が行っており、(1)賄賂が横行し公正な判決が得られない (2)裁判に名を借りて官吏が民衆の財産を奪う (3)法律無視の裁判が行われる (4)人権無視の拷問が常態化している-など悪弊が見られた。
 これでは民衆が安心して生産活動に従事できない。伊藤は、警察に捜査権限を一任させて拷問を廃止し、司法と行政の区分を明確化しようとした。
 同年3月25日、韓国皇帝高宗に謁見した伊藤は、高宗の「我カ韓国ヲシテ如何(いかに)セハ国力発達シ国運ノ隆盛ヲ求ムヘキカ」との下問に、断然奉答した。
 「先ツ以テ(韓国民の)身体財産ノ安固ヲ保障セサルヘカラス。(中略)貪官汚吏ノ為常ニ生命財産ノ危険ヲ免レストセハ国民ハ一日モ其ノ産業ニ安ンシ其ノ冨力ノ増殖ニ勉メサルハ必然ノ勢ナリ」
 このほか伊藤は、当時の韓国の2年分の租税額に相当する1千万円の借款を日本から引き出し、農業支援やインフラ整備、教育振興などに注ぎ込んだ。
× × ×
 むろん伊藤は、韓国よりも日本の利益を重視している。列強が触手を伸ばすのは、列強の尺度からみて非文明の諸地域だ。「韓国ヲ世界ノ文明国タラシメ」ることは、日本の安全保障に直結するだろう。また、韓国が近代化し、財政的に自立すれば、日本の負担も軽減されるに違いない。
 とはいえ、韓国を併合して強引に改革を進めれば、プライドの高い韓国知識層は激高し、抗日闘争が激化し、これを抑えるための軍事的、財政的負担が増大するのは目に見えている。韓国の独立を維持したまま、知識層の理解と協力を得ながら近代化を進めてこそ、日韓共通の利益になると伊藤は信じていた。
 だが、排日機運は高まる一方である。伊藤は言論の自由に理解を示し、この頃、韓国内では新聞などの創刊が相次いだが、多くは伊藤に批判的で、親日派の閣僚らを攻撃した。抗日闘争も収まらず、その一部が宮廷と内通していることも伊藤を悩ませた。
 統監就任から1年が過ぎても情勢が好転しないことに、伊藤は、自らの緩和政策に自信を失っていく。
 そんな時、オランダのハーグで、伊藤に政策の180度転換を迫る国際事件が起きる。そして伊藤は、暗殺されてしまうのだ--。(社会部編集委員 川瀬弘至 毎週土曜、日曜掲載)
(※1)冊封体制 中国の皇帝に朝貢し、自国領の統治権を認めてもらう制度
(※2)閔妃 朝鮮国王高宗の正妃。縁故主義や職権乱用などで政局を混乱させたとされる
(※3)乙未事変 1895(明治28)年、朝鮮半島に駐留する日本の守備隊や警官、大陸浪人らと朝鮮親衛隊、同訓練隊の一部兵士らが朝鮮王宮(景福宮)に乱入し、王妃である閔妃を殺害した事件。閔妃暗殺事件とも呼ばれる。日本全権公使の三浦梧楼が、閔妃を中心とする親露派を一掃するために主導的に計画、実施し、閔妃と対立していた大院君(高宗の父)も関わっていたとされる。三浦をはじめ日本側の事件関係者は日本に召還され、裁判にかけられたが、証拠不十分として全員釈放された
【参考・引用文献】
○イザベラ・バード著「朝鮮紀行」(講談社)
○神川彦松監修「日韓外交資料集成 第6巻〈上〉」(巌南堂書店)
○伊藤之雄著「伊藤博文をめぐる日韓関係-韓国統治の夢と挫折、1905~1921-」(ミネルヴァ書房)
○李英美著「韓国司法制度と梅謙次郎」(法政大学出版局)
○同書所収の法務補佐官報告
○伊藤之雄・李盛煥編著「伊藤博文と韓国統治-初代韓国統監をめぐる百年目の検証-」(ミネルヴァ書房)
○同書所収の李盛煥著「伊藤博文の韓国統治と韓国ナショナリズム-愛国啓蒙運動と伊藤の挫折-」