Gショックを世界ブランドに カシオ会長しのぶ - 産経ニュース

Gショックを世界ブランドに カシオ会長しのぶ

カシオ計算機会長だった樫尾和雄氏のお別れの会では、ゆかりの人々が故人を偲んだ=7日、東京都千代田区の帝国ホテル
 耐衝撃腕時計「Gショック」を世界ブランドに育て上げ、6月に誤嚥(ごえん)性肺炎のため89歳で死去したカシオ計算機会長、樫尾和雄さんのお別れの会が7日、東京都内のホテルで開かれた。
 会場には、昭和40年代の“電卓戦争”を制した業界初の個人向け製品「カシオミニ」や、世界初のカラー液晶モニター搭載デジタルカメラ「QV-10」などが展示された。町工場から同社を発展させた4兄弟の末弟、幸雄さんは「ゼロから1を作ることにこだわり続けた」、長男の和宏社長は「最期まで現状に満足しなかった」と故人をしのんだ。