【皇室ウイークリー】8月31日~9月6日 両陛下、日本の木造建築ご関心 悠仁さま、12歳お誕生日で笑顔 - 産経ニュース

【皇室ウイークリー】8月31日~9月6日 両陛下、日本の木造建築ご関心 悠仁さま、12歳お誕生日で笑顔

「建築の日本展」の鑑賞に訪れられた天皇、皇后両陛下=4日、東京都港区の森美術館
「建築の日本展」で丹下健三邸の模型を鑑賞される天皇、皇后両陛下=4日、東京都港区の森美術館
国際情報オリンピックの開会式に臨み、英語であいさつをされる秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さま=2日、茨城県つくば市
国際情報オリンピックの開会式に臨み、英語であいさつをされる秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さま=2日、茨城県つくば市
国際情報オリンピックの開会式に臨席された秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さま=2日、茨城県つくば市
国際情報オリンピックの開会式に臨むため、会場に到着された秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さま=2日、茨城県つくば市
国際情報オリンピック日本大会で日本代表選手団と言葉を交わされる秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さま=2日、茨城県つくば市
国際情報オリンピック日本大会で日本代表選手団と言葉を交わされる秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さま=2日、茨城県つくば市
関東大震災から95年を迎え、東京都慰霊堂で営まれた大法要に臨席された秋篠宮ご夫妻=1日、東京都墨田区
関東大震災から95年を迎え、東京都慰霊堂で営まれた大法要に臨席された秋篠宮ご夫妻=1日、東京都墨田区
「再興第103回院展」の作品をご覧になる秋篠宮ご夫妻=3日、東京都台東区の東京都美術館
「再興第103回院展」の作品をご覧になる秋篠宮ご夫妻=3日、東京都台東区の東京都美術館
「再興第103回院展」の作品をご覧になる秋篠宮ご夫妻=3日、東京都台東区の東京都美術館
八戸海洋少年団のカッター訓練を視察される高円宮妃久子さまと三女の絢子さま=2日、青森県八戸市
八戸海洋少年団のカッター訓練をご覧になる高円宮妃久子さまと三女の絢子さま=2日、青森県八戸市
八戸海洋少年団の訓練を視察される高円宮妃久子さまと三女の絢子さま=2日、青森県八戸市
八戸海洋少年団の訓練を視察される高円宮妃久子さまと三女の絢子さま=2日、青森県八戸市
映画「日日是好日」のプレミアム試写会に、出演者の黒木華さんらとともに参加された高円宮妃久子さま=4日、東京都港区
ウェルナー・ヒンクさんのバイオリンリサイタルを鑑賞するため、会場に到着された皇后さま=3日、東京都千代田区の紀尾井ホール(桐山弘太撮影)
ウェルナー・ヒンクさんのバイオリンリサイタルを鑑賞するため、会場に到着された皇后さま=3日、東京都千代田区の紀尾井ホール(桐山弘太撮影)
演奏するバイオリニストのウェルナー・ヒンクさんとピアニストの佐田詠夢さん=3日、東京都千代田区の紀尾井ホール(桐山弘太撮影)
エクアドルのモレノ大統領夫妻と懇談される天皇、皇后両陛下=5日、皇居・御所
エクアドルのモレノ大統領と懇談される天皇陛下=5日、皇居・御所
エクアドルのモレノ大統領夫妻と懇談される天皇、皇后両陛下=5日、皇居・御所
エクアドルのモレノ大統領夫妻を見送られる天皇、皇后両陛下=5日、皇居・御所
フランス訪問を前に記者会見に臨まれる皇太子さま=5日、東京都港区の東宮御所
フランス訪問を前に記者会見に臨まれる皇太子さま=5日、東京都港区の東宮御所
赤坂御用地内で姉の眞子さま、佳子さまと過ごされる秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さま=8月10日、東京都港区(宮内庁提供)
秋篠宮邸の庭で姉の眞子さま、佳子さまとシャボン玉を作って遊ばれる秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さま=8月10日、東京都港区(宮内庁提供)
赤坂御用地内で姉の眞子さま、佳子さまと過ごされる秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さま=8月10日、東京都港区(宮内庁提供)
秋篠宮邸の庭でシャボン玉を作って遊ばれる秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さま=8月10日、東京都港区(宮内庁提供)
12歳の誕生日を迎えられた秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さま=8月10日、東京都港区(宮内庁提供)
赤坂御用地内でトンボを撮影するため、カメラを構えられる秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さま=8月10日、東京都港区(宮内庁提供)
赤坂御用地内でトンボを撮影するため、カメラを構えられる秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さま=8月10日、東京都港区(宮内庁提供)
 天皇、皇后両陛下は4日、森美術館(東京都港区)で開催中の特別展「建築の日本展」を鑑賞された。縄文時代から現代に至る日本の建築の変遷を模型やパネルを使って紹介。伊勢神宮や千利休が建てた茶室の模型などを見て回る中で、天皇陛下は日本の木の建築技術に興味を示し、海外との違いについて何度も尋ねられていたという。
 7月の西日本豪雨の被害を受け、英国のエリザベス女王ら40カ国以上の元首たちから送られた見舞いの電報に対し、陛下が謝意を示した電報をそれぞれ返信されたと、宮内庁が4日に発表した。両陛下は豪雨被災地を見舞うため13日に岡山、広島両県、20日には愛媛県を訪問される。
 5日、両陛下は日本との外交関係樹立100周年を記念して来日した南米エクアドルのモレノ大統領夫妻を皇居・御所に招き、懇談された。車寄せでは、就任前に強盗に銃撃されて下半身不随になり、車いすで生活する大統領を気遣い、両陛下がかがみ込むようにして握手を交わし、笑顔であいさつをされていた。
 宮内庁によると、懇談で同国のガラパゴス諸島に話題が及ぶと、陛下は「固有種の進化の聖地として、日本でも関心を持たれています」と応じられたという。
 皇后さまは3日、紀尾井ホール(東京都千代田区)で、親交がある世界的バイオリニストのウェルナー・ヒンクさんが出演した「ヴァイオリンリサイタル~ウィーンの伝統を継承する巨匠の響き~」をご鑑賞。ヒンクさんが若手ピアニストの佐(さ)田(だ)詠(え)夢(む)さんとともにベートーベンのバイオリンソナタなど3曲を披露し、皇后さまは曲が終わるたびに拍手を送られた。
 関東大震災から95年となる1日、犠牲者を追悼する大法要が東京都慰霊堂(墨田区)で営まれ、秋篠宮ご夫妻も臨席して焼香された。
 秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまは2日、つくば国際会議場(茨城県つくば市)を訪れ、世界各国の高校生らがプログラミング技術を競う大会「国際情報オリンピック」の開会式に臨席された。
 式典で、佳子さまは公務で初めて英語であいさつに臨み、集まった高校生らに「お互いにベストを尽くして、頑張ってください」とエールを送られた。日本代表の高校生らと交流する場も設けられ、佳子さまは「普段はどうやって練習されているのですか」「緊張されますか」などと声をかけられた。
 長男の悠仁さまは6日、12歳の誕生日を迎えられた。同日夕方には、秋篠宮妃紀子さまとともに御所を訪れ、両陛下にごあいさつ。半蔵門を車で通過する際、ネクタイ姿の悠仁さまは、沿道の人へ笑顔で会釈をされていた。
 宮内庁によると、悠仁さまは宮邸の畑でトマトやオクラなどの野菜を栽培しており、土壌の状態や肥料の種類に関心を示し、水やりなどに取り組まれた。収穫した野菜は食卓に出され、悠仁さまが自分で育てた野菜について説明されることもあるという。
 誕生日に合わせ、宮邸がある赤坂御用地でトンボを観察しながらカメラに撮影したり、大きくて割れにくいシャボン玉を作る実験をしたりされている様子を収めた写真と動画も公開された。
 高円宮妃久子さまの三女、絢(あや)子(こ)さまは2日、日本海洋少年団連盟の名誉総裁として久子さまとともに青森県八戸市の八戸港を訪れ、八戸海洋少年団の訓練の様子を視察された。港で待ち受けた人々に笑顔で手を振りながら八戸海上保安部の巡視艇に乗り込み、オールを使って舟をこぐ訓練に励む子供たちを海の上から見守られた。
     ◇
 【皇室ウイークリー】は毎週金曜日、「産経ニュース」に掲載している企画です。ニュース紙面ではあまり触れられない各宮家のご活動や、病気療養中の雅子さまのご様子を含め、宮内庁担当記者が皇室の1週間を振り返ります。紙面で掲載できなかった写真もご紹介しています。さらに「皇室ウイークリー」だけのために撮影した写真も、アップしています。
 また皇室のご動静は、産経新聞社が取材協力している扶桑社の季刊誌『皇室 Our Imperial Family』でも、詳しくご紹介しています。