「三菱みなとみらい技術館」来館者300万人に 開館24年で

 
300万人目の来館者となった山田健斗くん(中央右)=2日、横浜市(王美慧撮影)

 科学や技術などの展示・体験施設「三菱みなとみらい技術館」(横浜市西区)の累計来館者数が2日、300万人に達した。同館は平成6年に開館し、今年で24年が経過した。

 300万人目となったのは、家族で訪れた小学1年生の山田健斗くん(6)=同市神奈川区。久保庭章夫館長(60)から、国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の小型模型や、感謝状が贈られた。

 山田くんは「うれしいです。模型は弟と一緒に遊びたい」と楽しそうに展示室に足を運んだ。

 久保庭館長は「予想よりも速いペースで300万人を達成できた。今後もリピートしてもらえるよう、満足度を向上させていきたい」と話した。