脚本家の福間正浩氏が死去 57歳 ドラマ「闇金ウシジマくん」など手がける

 

 脚本家の福間正浩(ふくま・まさひろ)氏が31日、腹部大動脈りゅう破裂のため死去した。57歳。葬儀・告別式は9月7日午前11時、東京都荒川区町屋1の23の4、町屋斎場で。喪主は妻、真紀子(まきこ)さん。

 ドラマ「受験の神様」、「闇金ウシジマくん」シリーズなどの脚本を手掛けた。