もんじゅ核燃料取り出し 原子力機構、廃炉作業の第1段階 - 産経ニュース

もんじゅ核燃料取り出し 原子力機構、廃炉作業の第1段階

使用済み核燃料の取り出し作業が始まった高速増殖原型炉もんじゅ=30日午後、福井県敦賀市
もんじゅ使用済み核燃料の取り出しの流れ
もんじゅ廃炉の主な工程
もんじゅ
 日本原子力研究開発機構は30日、高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の使用済み核燃料の取り出し作業を始め、燃料1体を「燃料池」と呼ばれる水で満たされたプールに移送し終えた。燃料取り出しは30年かかるとされる廃炉作業の第1段階。準備段階でトラブルが相次ぎ、当初7月下旬を予定していた作業開始を延期していた。
 機構は2022(平成34)年までに、「燃料貯蔵設備」の160体と、原子炉に入っている370体の計530体の取り出しを終える計画を示している。ただ、空気や水に触れると激しく燃える冷却材の液体ナトリウムの扱いは難しいため、作業が難航する可能性もある。
 機構は今年12月までに、貯蔵設備にある160体のうち100体を燃料池に移すことを目標とし、原子炉からの取り出しは来年7月に始める計画。2047年度までに廃炉を完了するとしている。