ブロードウェーの喜劇王 ニール・サイモン氏死去 「おかしな二人」原作 - 産経ニュース

ブロードウェーの喜劇王 ニール・サイモン氏死去 「おかしな二人」原作

死去したニール・サイモン氏(ゲッティ=共同)
ニール・サイモン氏=2006年10月15日、ワシントン(ロイター)
ニール・サイモン氏=1964年12月29日、ニューヨーク(AP)
 【ニューヨーク=上塚真由】喜劇「おかしな二人」などの原作で知られる米ブロードウェーを代表する劇作家、ニール・サイモン氏が26日、ニューヨーク・マンハッタンの病院で肺炎の合併症のため死去した。91歳だった。
 サイモン氏は1927年にニューヨーク・ブロンクスのユダヤ系家庭に生まれた。61年に「カム・ブロー・ユア・ホーン」で劇作家デビューし、米ブロードウェーで40年間にわたって戯曲を上演。都会の中産階級の生活を描いた喜劇を得意とし、「サンシャイン・ボーイズ」「ヨンカーズ物語」など数々のヒット作を生みだし、商業的に大きな成功を収めた。83年にはブロードウェーに自身の名前を冠した劇場がオープンした。作品の一部は映画やテレビドラマとなった。
 米演劇界で最も権威のあるトニー賞をたびたび受賞したほか、ピュリツァー賞にも輝いた。日本でも人気が高く、脚本家の三谷幸喜氏らも敬愛し、戯曲の演出を手がけた。