頭だけ幼虫の形のクワガタが羽化 千葉県立農業大学校であす公開 

 
千葉県立農業大学校で展示される、頭だけ幼虫形状の雄のトカラノコギリクワガタ

 千葉県立農業大学校(千葉県東金市)で頭だけ幼虫の形状をとどめた「トカラノコギリクワガタ」の雄が羽化した。頭部だけ脱皮がうまくいかなかったのが原因で、雄特有の大きな顎がない姿をしている。

 飼育する同校の清水敏夫准教授は「頭部の奇形は餌の採取が難しく、羽化しても9割近くが死んでしまう。この個体は樹液を採取できるブラシ状の舌が形成されていたので餌を食べ、生き続けることができた」と話す。

 今後、学術的な場で発表されれば国内初の事例となる見込み。同校は27日に同校体育館でこのクワガタを公開する予定で、他に突然変異したピンク色のバッタや雌、雄両方の特徴を持ったオオクワガタなども展示する。