周辺住民1万7千人が参加 2原発事故訓練、過去最多 - 産経ニュース

周辺住民1万7千人が参加 2原発事故訓練、過去最多

陸上自衛隊の大型ヘリで避難訓練する住民ら=福井県高浜町
政府の原子力総合防災訓練で、災害時医療拠点となった海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」にヘリコプターで運ばれた周辺住民(中央)=26日午前、福井県敦賀市沖
政府の原子力総合防災訓練で、災害時医療拠点となった海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」内で負傷者役を搬送する隊員=26日午前、福井県敦賀市沖
 政府は26日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)と高浜原発(高浜町)で同時に事故が起きたと想定した原子力総合防災訓練の2日目を実施した。2日間で、福井、滋賀、京都3府県の住民約1万7千人が参加、府県内外への広域避難などを行った。参加者数は過去最多となった。
 福井県敦賀市の敦賀港に停泊した海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」に災害時医療拠点を設置し、両原発近くにいる負傷者をヘリコプターで搬送して応急措置する訓練も初めて実施。陸上自衛隊の大型ヘリや海自の大型船を使い、両原発が立地する半島部の住民を避難させる訓練も行った。
 福井県では両原発の30キロ圏から避難する約1600人のうち約660人が兵庫県宝塚市や川西市など同県内5市町に自家用車やバスで移動し、約6700人が屋内退避。
 京都府では、宮津市と京丹波町の住民がバスで兵庫県に避難し、約9千人が屋内退避、滋賀県高島市でも住民が避難訓練に参加した。