つかの間の家族団らん 「軍歌も唱歌もうたわれた」

昭和天皇の87年
画=豊嶋哲志

質実剛健(4)

 --だんだんお暖になりまして、東京は桜もちつて今は若葉の美しいころとなりました。

 御ばば様おかはりはあらせられませんか、おうかがひ申上げます。沼津ではたびたびうかがひまして、種々な物をいただきましてありがたうございます。

 又、度々おなりをねがひましておそれ入りました。

 東京では淳宮(あつのみや)も光宮(てるのみや)もわたくしもぢやうぶで居りますから御安心あそばせ。休みの間はしんじゆくや、どう物園などへまゐりました。

 学校は今日からはじまりまして、光宮も学習院にまゐりました。

 御ばば様おからだをおだいじにあそばせ。光宮からもよろしく申上げます。

  (明治44年)四月十二日   裕仁

  御ばば様--(※1)

 学習院初等学科の4年生になった裕仁親王が、静岡県沼津に滞在中の皇后(昭憲皇太后)に宛てた手紙だ。もうすぐ10歳。その文面からは、祖母をいたわる深い愛情がうかがえる。

 明治天皇の后であり、女子教育の普及や慈善事業の推進などに多大な功績を残した昭憲皇太后は、3人の皇孫をことのほか可愛がった。裕仁親王らが沼津の御用邸西附属邸で避寒中は、自身も本邸に滞在し、《種々談話され》たことが、昭和天皇実録に書かれている。

 そんな優しい“御ばば様”とも、新学期が始まればしばらく会えない。その寂しさを、手紙に込めたのだろうか。

× × ×

 戦前の天皇家には親子別離の慣習があり、家族で過ごす時間は限られている。ただし裕仁親王の学習院初等学科時代は、家族のぬくもりを感じる機会が比較的多かった。

 毎週2回、水曜の夜は嘉仁皇太子と節子皇太子妃が皇孫仮御殿を訪れ、土曜の夜は裕仁、雍仁(やすひと)、宣仁3親王が東宮御所へ行って、家族で食卓を囲んだ。

 夕食後は侍従や女官をまじえての団欒(だんらん)。節子妃のピアノ伴奏で皇太子が軍歌などを歌い、やがて子供たちも歌詞を覚えて、みんなで合唱するというにぎやかさだ。

 雍仁親王が振り返る。

 「食事が終わると、よく食堂のうしろのピアノのある室で合唱をした。母上がピアノを弾かれ、侍従、武官、女官に、父上も加わられて軍歌が多かったように思うが、唱歌もいろいろうたわれた。(中略)何しろ調子を無視して、蛮声をはりあげるのだから、真にやかましい、にぎやかなものだった。しかしこんな雰囲気は親子水入らずではないが、思い出しても楽しいものである」

× × ×

 ところで節子妃はこの頃、夫である嘉仁皇太子との関係や古参の女官との軋轢(あつれき)などに悩み、心に深い傷を負っていたとされる(※2)。追い打ちをかけるように44年3~6月、節子妃は腸チフスに感染し、治療のため神奈川県の葉山御用邸に隔離されてしまった。

 裕仁親王は手紙を書いた。

 --おたたさま(お母さま) 日一日とおよろしくおなりあそばしてうれしうございます。もうおにはさき(お庭先)のごうんどうもあそばしますか、おしよくじ(お食事)もようめしあがりますか。

 私共はまいにちげんきよく学校にかよつてをりますからごあんしんくださいませ。

 (中略)五月二十七日には水交社ですまふ(相撲)を見、六月六日には校外教授で水交社の参考館に行つて日露日清の戦争の記念物を多く見ました。

 おたたさま ますますお暑くなりますからなほなほおだいじにあそばして一日も早くごぜんかいをいのります。

  六月十日 裕仁

  御母上様--(※3)

 この手紙が、どんなに節子妃を和ませたことか-。翌月初めに床払いした節子妃は、心の傷も癒え、以前に増して気丈に振る舞うようになったとされる。

 こうして少年期の裕仁親王は、学習院で乃木希典(まれすけ)院長の訓育を受ける一方、帰邸すれば家族のぬくもりを肌で感じ、情操を豊かにしていった。

 だが、そんな生活環境を激変させることが起きる。明治天皇が崩御したのだ--。(社会部編集委員 川瀬弘至 毎週土曜、日曜掲載)

(※1)(※3)=手紙はいずれも宮内庁編『昭和天皇実録』3巻から引用。文中の「だんだん」「たびたび」などの原文は繰り返し符号の踊り字。淳宮は雍仁親王(のちの秩父宮)、光宮は宣仁親王(のちの高松宮)

(※2)当時の節子妃が深い悩みを抱えていたことは、結婚10年目を迎えた明治43年に詠んだ、こんな和歌にもあらわれている。

 いかにせむ あゝいかにせむ くるしさの やるせだになき わが思ひ川

 はてもなく 千ゞに思ひのみだれては わが身の程も 忘れつるかな

 こしかたは たヾ夢にして 行末の 空ながむれば まづなみだなり

【参考・引用文献】

○宮内庁編「昭和天皇実録」3巻

○同「貞明皇后御歌集〈上〉」

○同「貞明皇后実録稿本17」所収の「佐々木高行日記」

○鈴木昌鑑監修「秩父宮雍仁親王」(秩父宮を偲(しの)ぶ会)

○小田部雄次著「昭憲皇太后・貞明皇后 一筋に誠をもちて仕へなば」(ミネルヴァ書房)