2原発同時事故で初訓練 政府、関電大飯と高浜 避難計画の実効性検証

 
 関西電力大飯原発と高浜原発の同時事故を想定した政府の原子力総合防災訓練で、福井県庁で開かれた現地対策本部の会議=25日午前

 政府は25日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)と高浜原発(同県高浜町)で同時に事故が起きたと想定した原子力総合防災訓練を実施した。近接する複数原発の事故を想定した国による訓練は初めて。政府や関電のほか、半径30キロ圏内の住民など、26日までの2日間で約190機関、過去最多となる約2万1600人が参加する見通し。

 大飯、高浜両原発は直線で約14キロしか離れていないが、政府が了承した両原発の住民避難計画は同時事故を想定していない。政府は現行計画で対応可能とし、今回の訓練で実効性を検証するとしているが、避難に対する住民の不安は根強い。

 午前8時に京都府北部を震源とする地震が発生し、大飯原発の原子炉を冷却できなくなった上、高浜原発でも送電線のトラブルなどで事故に至ったとの想定。

 おおい町にある対応拠点「オフサイトセンター」に現地対策本部を設置し、事態の進展に応じた首相官邸と関係機関の情報共有、意思決定の手順を確認する。