サントリーホールなど手がけた音響設計士、永田穂氏死去

 

 永田穂氏(ながた・みのる=音響設計士)7日午前零時46分、肺炎で死去、93歳。葬儀は近親者で行った。喪主は長男、博之(ひろし)氏。後日、「お別れの会」を開く。

 福岡県出身。東大卒業後、NHK技術研究所、西ドイツ留学を経て独立し、昭和49年に永田穂建築音響設計事務所(現在の永田音響設計)を創立。サントリーホールや東京文化会館などの音響設計を手がけた。