【話の肖像画】富士そば会長・丹道夫(3)店名は退院時に見た風景から - 産経ニュース

【話の肖像画】富士そば会長・丹道夫(3)店名は退院時に見た風景から

開業してまもないころの富士そばの店内(ダイタンホールディングス提供)
 〈友人と共同経営していた不動産会社は順調に業績を伸ばし、従業員が約1200人に〉
 不動産業は右肩上がりでした。でも、私の心は冷え切っていました。組織が充実し、やることがないのです。会社に行くと考えるのは「今日は何を食べようかな」。後は身だしなみを整えるくらいです。
 そこで、私は役員たちに飲食業を始めることを提案しました。飲食業は一度に大きくもうかることはありませんが、日銭が入ってくるからです。“もしも”のときのための保険のようなものです。
 東北地方を旅行したとき、駅の構内で営業していた立ち食いそば屋を見てピンときました。おばさん1人で切り盛りしています。そこへ次々と客が訪れて、サッと出てくるそばをすすってスーッと去っていきます。東京ではあまり見かけないスタイルですが、忙しい人が多い東京でこそ、もうかるのではないかと思ったのです。
 〈昭和41年、不動産会社の事業として立ち食いそば店「そば清(せい)」を始める。47年、再び何か打ち込めるものを求め、5店を引き継ぎ、独立した〉
 自信はありましたが、なかなか売り上げが伸びません。手を広げ、別の飲食店を開いたりして、焦りながら働いていたらオーバーワークに。入院し、体を動かすことを禁じられました。そば清のことが気になって仕方ないのに、何もできません。「負けてたまるか」と戦い続けてきた私の人生で、あれほどつらい思いをしたことはありません。同室の入院患者は夜になるとグーグー寝ますが、うらやましいと思いました。
 退院のとき、迎えの車の後部座席から真っ赤な夕日に染まった富士山が見えました。そのとき気付いたのです。基本に立ち戻らなければ、と。そして、手元に残っているそば店を、あの日見た富士山にちなみ「名代(なだい)富士そば」と改名、これ一本でやっていこうと決心しました。
 〈富士そばは47年に東京・新宿の店舗で24時間営業を始めた。米国からコンビニエンスストア「セブン-イレブン」が上陸する前年のことだった。ただ日本に進出したころの「セブン-」の営業時間は、店名通り午前7時から午後11時だった〉
 24時間営業は、知り合いのタクシー運転手から聞いた話がヒントになりました。新宿駅を利用する人の7割は夕方5時に帰宅する。あとの3割は夜8時ごろまで遊ぶ。そのまた3割は10時に帰るが、残った3割は朝まで新宿にいる-。その運転手は研究熱心で、お客を獲得するために、繁華街の人の動きを絶えず観察していたのです。
 実際に始めてみると大当たりでした。まずタクシー運転手がたくさん来て、仲間と一休みするようになりました。夜の飲食店で働く人も大勢来るようになりました。そして、夜通し遊んだ人も、朝方に来店します。
 24時間営業のメリットは、単に売れるだけではありません。それまでは閉店するために、売れ残った麺などの食材は翌日までとっておけないので捨てていたのですが、この無駄を省くことにもなったのです。売れ残った食材を捨てるという、飲食店で一番頭の痛い問題から解放されたのです。人件費は余計にかかりますが、店の家賃は24時間営業しても変わりません。ですから、しっかりと売り上げを伸ばせば利益は上がるのです。(聞き手 櫛田寿宏)