【将棋】夏休み親子将棋教室、18組の親子が楽しむ 講師に勝利し喜びの声も - 産経ニュース

【将棋】夏休み親子将棋教室、18組の親子が楽しむ 講師に勝利し喜びの声も

「夏休み親子将棋教室」親子同士での対局で指導する安食総子女流初段=4日午後、東京都千代田区大手町の産経新聞東京本社(宮川浩和撮影)
 「親子で楽しむ夏休み親子将棋入門教室」(産経新聞社主催)が4日、東京・大手町の産経新聞東京本社で開かれ、小学生らとその保護者18組36人の親子が将棋を楽しんだ。
 講師は、黒沢怜生(れお)五段と安食総子(あじき・ふさこ)女流初段、小山泰希初段の3人。最初に駒の動かし方などのルールや対局上のあいさつといった礼儀作法について学んだ。その後、講師の指導を受けながら親子で対局をした。
 最後は親子で講師に挑戦。講師側の八枚落ちで対局し、勝利した親子は喜びの声を上げていた。
 初めて将棋教室に参加した東京都練馬区の小学5年、斎藤光君(10)は「楽しかった。1つの駒より2つの駒で攻めることを知ることができた」、母親のゆかりさん(41)も「将棋が奥深い世界で感動しました。先を読むことが身につくと思います」と、それぞれ話していた。