新潟県勢、小中とも敗退 「経験を次につなげたい」

小・中学校将棋団体戦
石川県代表の緑小(左)と対戦する、新潟県代表の国立上越教育大学付属小=26日、東京都台東区のヒューリックホール(川口良介撮影)

 東京都台東区の浅草橋ヒューリックホールで26日、「文部科学大臣杯 第14回小・中学校将棋団体戦」(産経新聞社、日本将棋連盟主催)の東日本大会が行われ、新潟県代表の上越教育大付属小と糸魚川市立糸魚川中は予選リーグで敗退。8月9日に行われる決勝大会進出はかなわなかった。

 上越教育大付小の村田明駿君(3年)は「とても楽しかった。将棋を始めてまだ1年なので、もっと強くなれると思う。またこの大会で将棋をしたい」と話した。

 2勝1敗で惜しくもベスト4進出を逃した糸魚川中の内山愛十さん(3年)は「同じ中学生なのに強い相手ばかりで驚いた。対局中にはこんな手があったのかと勉強できた。この経験を次につなげたい」とさらなる成長を誓った。

予選リーグ結果

 【小学校】

 上越教育大付属小(柏本竜、村田明駿、柏本望)第1戦●1-2○千葉▽第2戦○2-1●石川▽第3戦●1-2○東京

 【中学校】

 糸魚川市立糸魚川中(小池拓空、永沢樹、内山愛十)第1戦●1-2○神奈川▽第2戦○3-0●埼玉▽第3戦○3-0●東京

 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。

⇒アンケートはこちらから