【小・中学校将棋団体戦】埼玉・戸塚東小、東京・麻布中など計8チームが決勝大会進出 - 産経ニュース

【小・中学校将棋団体戦】埼玉・戸塚東小、東京・麻布中など計8チームが決勝大会進出

岩手県代表の上田小(左)と対戦する、埼玉県代表の戸塚東小=26日、東京都台東区のヒューリックホール(川口良介撮影)
 「文部科学大臣杯第14回小・中学校将棋団体戦」(産経新聞社、日本将棋連盟主催、特別協賛・ヒューリック)の東西大会が26日、東京都台東区の浅草橋ヒューリックホールと大阪市北区のホテルモントレ大阪で行われ、小・中学校の部各4チームの計8チームが決勝大会進出を決めた。
 今大会には、地方大会を勝ち抜いた47都道府県の小中各64チーム(計381人)が参加。各会場で、熱戦を繰り広げた結果、東日本大会小学校の部は川口市立戸塚東小(埼玉)と習志野市立鷺沼小(千葉)、中学校の部は栄光学園中(神奈川)と麻布中(東京)、西日本大会小学校の部は岐阜市立三里小(岐阜)と大分大教育学部付属小(大分)、中学校の部は三次(みよし)市立十日市中(広島)と光泉中(滋賀)が、それぞれ決勝大会に駒を進めた。
 決勝大会は8月9日、東京都墨田区のKFC(国際ファッションセンター)で行われる。
 東西小中学校の3位は次の通り。
 【東日本大会】小学校=盛岡市立上田小(岩手)、港区立本村小(東京)▽中学校=栃木県立佐野高付属中(栃木)、渋谷教育学園幕張中(千葉)【西日本大会】小学校=広島市立安北小(広島)、高槻市立安岡寺小(大阪)▽中学校=東海中B(愛知)、宜野湾市立宜野湾中(沖縄)
 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。
⇒アンケートはこちらから