【天皇陛下譲位】8月1日に皇位継承式典事務局設置 事務局長に総務省の山崎氏 - 産経ニュース

【天皇陛下譲位】8月1日に皇位継承式典事務局設置 事務局長に総務省の山崎氏

山崎重孝氏
 政府は、来年の天皇陛下の譲位と皇太子さまの即位に伴って行われる一連の式典の準備作業を担う「皇位継承式典事務局」を8月1日に設置する。菅義偉官房長官が24日の記者会見で発表した。事務局長には総務省自治行政局長の山崎重孝氏(58)を充てる。発令は8月1日付。
 皇位継承式典事務局は内閣官房と内閣府が共同で設置。事務局長とあわせて26人の専従職員を配置する。一連の式典に向けた準備作業は各府省庁にまたがるため、事務局長は事務次官級ポストとなる。菅氏は山崎氏の登用について「これまでの経歴を踏まえて適材適所である」と述べた。
 政府は今年4月、式典のあり方を定めた基本方針を閣議決定し、昭和から平成へのお代替わりの例を踏襲して準備することを口頭了解した。今秋に首相を委員長とする「式典委員会(仮称)」と、官房長官を本部長とする「式典実施連絡本部(同)」を立ち上げる。事務局は両組織の発足準備のほか式典の実務も担う。
 譲位の儀式となる「退位礼正殿の儀」は4月30日、新天皇の即位に伴う「剣璽等承継の儀」や「即位後朝見の儀」は5月1日に行われる。