台風10号北上、暴風警戒 21日に沖縄本島付近へ

 

 台風10号は20日、沖縄県・南大東島の南の海上を北寄りに進んだ。今後は勢力を強めながら、21日早朝に沖縄本島付近を通過するとみられ、気象庁は暴風への警戒や大雨による土砂災害などに注意を呼び掛けた。

 台風の接近に伴い、沖縄や奄美では21日にかけ、雷を伴った1時間に50ミリ以上の激しい雨や猛烈な風になる恐れがある。大東島地方や先島諸島でも20日から次第に風が強まり、海上は大しけになるとみられる。

 21日午前6時までの24時間予想雨量は、多いところで沖縄と奄美が100ミリ。その後の24時間でも、沖縄と九州南部が100~200ミリ、奄美が100~150ミリ。

 21日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄が30メートル(45メートル)、奄美が25メートル(35メートル)。波の高さは4~8メートルの見込み。