豊島将之八段が初タイトルを獲得 90手目の△7五歩が決め手

第89期ヒューリック杯棋聖戦
第89期ヒューリック杯棋聖戦第5局で羽生善治棋聖(右)を破った豊島将之新棋聖。念願の初戴冠となった=17日午後、東京都千代田区の都市センターホテル(飯田英男撮影)

 期待の若手が将棋界の第一人者を破り、初戴冠-。東京都千代田区の「都市センターホテル」で17日に行われた第89期ヒューリック杯棋聖(きせい)戦五番勝負の最終第5局。午後6時25分、先手の羽生善治(はぶ・よしはる)棋聖(47)=竜王=が投了した瞬間、豊島将之(とよしま・まさゆき)八段(28)の念願の初タイトルが決まった。

 第5局の戦型は第1、4局と同様に角換わり腰掛け銀に。羽生は45手目で▲4七角と打つと、立会人の島朗(あきら)九段は「意欲的な手。温めていた作戦でしょう」。豊島はこの角を働かせないように指し回した。対して羽生は67手目に▲3三銀と打ち込み、後手陣に激しく攻め込んだ。「寄せ合いに入りました。もう終盤」と島九段。豊島は一瞬の隙をついて攻めに転じ、70手目△8八銀から△7五銀まで一気呵成(いっきかせい)に先手玉へ猛攻。控室の検討も「後手優勢」で進んだ。

 しかし、ここで羽生は働いていなかった4七の角を5八の地点に引き、逆転の伏線をつくった。さらに87手目▲8七銀と受け、豊島を安心させない。しかし豊島の90手目△7五歩が冷静な決め手となった。最後は豊島が先手玉を追い込み、羽生が投了した。

羽生前棋聖の話

 「(本局は)攻めが無理だったのかもしれない。(タイトル獲得通算100期は)次の機会を目標にしてやっていければいい」

 こちらの記事で第5局の再現棋譜をご覧いただけます。

 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。

⇒アンケートはこちらから。