【第89期ヒューリック杯棋聖戦】豊島将之新棋聖会見(1)「長かった。諦めずに良かったなと思います」 - 産経ニュース

【第89期ヒューリック杯棋聖戦】豊島将之新棋聖会見(1)「長かった。諦めずに良かったなと思います」

羽生善治前棋聖に勝利してタイトル獲得、笑顔を見せる豊島将之新棋聖=17日午後、東京都千代田区の都市センターホテル(吉沢良太撮影)
 第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第5局で羽生善治(はぶ・よしはる)前棋聖(47)を下した豊島将之(とよしま・まさゆき)新棋聖(28)が17日の対局後、記者会見に応じた。「長かったです。諦めずに良かったなと思います」。クールな表情は終始崩さなかったが、初タイトル獲得について万感の思いを込めて語った。会見の主なやりとりは以下の通り。
 --初タイトル獲得の感想を
 「(平成22年度に)初めてタイトル戦に挑戦してから、その後取れない期間が長かった。まだ終わったばかりなので実感はありませんが、長かったです。あきらめずに良かったなと思います」
 --5度目の挑戦で念願の初タイトル獲得。どういうプレッシャーがあったのか
 「プレッシャーはありましたが、自分のできることをやって、全力を出し切ることに集中しようと思っていました」
 --師匠の桐山清澄九段も棋聖のタイトルを3期取っている
 「師匠には奨励会に入るちょっと前から8年近く、将棋を月1回ペースで教わりました。同じタイトルになったのも、何かの縁かなと思います」
 --対局を終え、まず何をしたいか
 「この会見が終わったら、師匠と、子供のころ将棋を教わった土井春左右(どい・はるぞう)先生(指導棋士七段)、母親に連絡したいと思います」
 こちらの記事で第5局の再現棋譜をご覧いただけます。
 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。
⇒アンケートはこちらから。