【第89期ヒューリック杯棋聖戦】豊島将之新棋聖誕生で、八大タイトル8人分け合う“戦国時代”に 1人1タイトルは31年ぶり - 産経ニュース

【第89期ヒューリック杯棋聖戦】豊島将之新棋聖誕生で、八大タイトル8人分け合う“戦国時代”に 1人1タイトルは31年ぶり

第89期ヒューリック杯棋聖戦第5局で羽生善治棋聖(左)を破った豊島将之新棋聖。念願の初戴冠となった=17日午後、東京都千代田区の都市センターホテル(飯田英男撮影)
 「第89期ヒューリック杯棋聖(きせい)戦五番勝負」で、二冠を保持していた羽生善治(はぶ・よしはる)前棋聖(47)=竜王=から、挑戦者の豊島将之(とよしま・まさゆき)新棋聖(28)が棋聖位を獲得したことで、将棋界は八大タイトルを8人が分け合う“戦国時代”に突入した。1人1タイトルずつ分け合うのは、七大タイトル制だった昭和62年以来、31年ぶり。羽生前棋聖らが長く複数タイトルを保持してきたが、近年は若手が台頭、世代交代が進む。
 ▲「群雄割拠」過去に1度△
 昭和58年に王座戦が昇格して七大タイトル制になり、昨年、叡王(えいおう)戦が加わって八大タイトル制となった。昭和62年10月、王座戦で塚田泰明九段(53)が、二冠だった中原誠十六世名人(70)からタイトルを奪い、7つのタイトルを7人で分け合う状態に。しかし同年11月、棋王を保持していた高橋道雄九段(58)が、竜王戦の前身「十段戦」で福崎文吾九段(58)からタイトルを奪い二冠となった。
 以降、複数のタイトルを保持する棋士が常にいた。羽生前棋聖は平成3年以降、常にタイトルを保持し続け、8年には七冠独占を達成。現タイトル数は単独トップの99期だ。
 しかし、近年は20代の強豪が台頭し“羽生一強”から勢力図が変わってきた。平成28年、当時四冠の羽生前棋聖は、名人を佐藤天彦(あまひこ)名人(30)に奪取された。翌年、王位を菅井竜也王位(26)に、王座を中村太地(たいち)王座(30)に、そして今回、棋聖を豊島新棋聖に奪われた。
 △AIでレベル上げ▲
 羽生前棋聖は40代後半。一般的に体力が衰えてもおかしくない。昨年12月、「永世七冠」を達成した際に「今回が最後のチャンスと思っていた」とし、「最近は将棋の内容が大きく変わってきていて、ついていくことが難しくなっている」と吐露していた。
 若手の台頭に寄与しているものの一つが、人工知能(AI)を搭載した将棋ソフトの登場だ。トップ棋士を破るほどの能力を備えた将棋ソフトは、局面を入力すると次の有力手が示され、多くの棋士らの参考になっている。
 昔の将棋の研究は、紙に書かれた棋譜を元に、駒を並べるのが一般的だった。コンピューターを使い始めたのが羽生前棋聖ら「羽生世代」。当時はデータベースとして利用した。
 次にインターネットが普及してネット対局ができるようになり、その後、将棋ソフトが登場。多くの若手棋士らが活用するようになった。実際に将棋ソフトで研究しているという村山慈明(やすあき)七段(34)は「研究熱心な若手は得る情報量も多い。ベテランは経験ではね返したが、若手は研究でカバーしている」と話す。
 ▲最年少棋士も参戦△
 若手らの間で八大タイトルが分散し“戦国時代”の様相をみせる将棋界。
 ここに、猛烈な勢いで迫る存在がいる。高校1年生の最年少プロ、藤井聡太七段(15)だ。
 藤井七段は昨年6月に将棋界初の29連勝を達成。今年1~2月には朝日杯将棋オープン戦で佐藤名人、羽生前棋聖を破り15歳6カ月の一般棋戦最年少優勝記録を樹立した。今年度の八大タイトルへの挑戦権をかけた戦いでは、棋王戦でタイトル挑戦の可能性を残す。タイトル挑戦の最年少記録は屋敷伸之九段(46)が持つ17歳10カ月で、藤井七段が挑戦すれば大幅な記録更新だ。
 大阪商業大アミューズメント産業研究所の主任研究員、古作登さん(55)は「藤井七段が近いうちにタイトル戦に登場するのは間違いない。将棋界の勢力図はさらに大きく変わるかもしれない」と話す。
 こちらの記事で第5局の再現棋譜をご覧いただけます。
 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。
⇒アンケートはこちらから。