【第89期ヒューリック杯棋聖戦】豊島将之八段が初タイトル 羽生善治前棋聖の11連覇、タイトル獲得通算100期ならず《棋譜再現》 - 産経ニュース

【第89期ヒューリック杯棋聖戦】豊島将之八段が初タイトル 羽生善治前棋聖の11連覇、タイトル獲得通算100期ならず《棋譜再現》

大勢の報道陣が詰めかけた棋聖戦五番勝負最終第5局=17日午前、東京都千代田区(中島高幸撮影)
大盤解説会を行った渡辺明棋王(奥右)=17日午後、東京・千駄ケ谷(斎藤良雄撮影)
第89期ヒューリック杯棋聖戦第5局で羽生善治棋聖を破った豊島将之新棋聖。念願の初戴冠となった=17日午後、東京都千代田区の都市センターホテル(飯田英男撮影)
第89期ヒューリック杯棋聖戦第5局で豊島将之八段に敗れた羽生善治棋聖。タイトル通算100期はならなかった=17日午後、東京都千代田区の都市センターホテル(飯田英男撮影)
 羽生善治(はぶ・よしはる)棋聖(47)=竜王=に豊島将之(とよしま・まさゆき)八段(28)が挑戦した産経新聞社主催の将棋のタイトル戦「第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第5局が17日午前9時から、東京都千代田区の都市センターホテルで指され、午後6時25分、108手で後手の豊島八段が勝ち、対戦成績3勝2敗で初タイトルの棋聖位を獲得した。持ち時間各4時間で、残りは羽生棋聖23分、豊島八段15分。
 豊島新棋聖は5度目の挑戦で初めてタイトルを獲得。注目の今シリーズは、豊島新棋聖が第3局を終えて2勝1敗に。第4局は惜しくも敗れたが、最終第5局の熱戦を制し念願の初戴冠を成し遂げた。

(Windows版のみ)

 羽生前棋聖の11連覇、前人未到のタイトル獲得通算100期はならなかった。羽生前棋聖が竜王のみに後退したことで、将棋界は八大タイトルを8人が分け合う。1人1タイトルずつは31年ぶり。
豊島新棋聖の話
 「終わったばかりで実感はありませんが、タイトルはずっと目標にしていたので良かったです」
※会見のライブ配信は終了していますが、アーカイブ動画として再生できます。
 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。
⇒アンケートはこちらから。