【第89期ヒューリック杯棋聖戦】最終局の“勝負めし”羽生棋聖ざるそばとミニ親子丼セット、豊島八段はポークカツカレー - 産経ニュース

【第89期ヒューリック杯棋聖戦】最終局の“勝負めし”羽生棋聖ざるそばとミニ親子丼セット、豊島八段はポークカツカレー

羽生善治棋聖の昼食は、ざるそばとミニ親子丼のセット=17日、東京都千代田区の都市センターホテル
豊島将之八段が昼食で頼んだポークカツカレーとグレープフルーツジュース=17日、東京都千代田区の都市センターホテル
 羽生善治棋聖(47)に豊島将之八段(28)が挑戦する産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第89期ヒューリック杯棋聖(きせい)戦五番勝負」の最終第5局が17日午前9時から、東京都千代田区の都市センターホテルで行われている。
 正午の昼食休憩で羽生棋聖は、ざるそばとミニ親子丼のセットを注文した。ミニ親子丼はだしが利いていて上品な味わいだ。
 一方の豊島八段は、ポークカツカレーとグレープフルーツジュースだった。厚切りでジューシーなサクサクカツが載り、サラダやらっきょうなども付いている。
 持ち時間は各4時間の1日指し切り制で、立会人は島朗(あきら)九段。対局再開は午後1時。
 こちらの記事で第5局の再現棋譜をご覧いただけます。
 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。
⇒アンケートはこちらから。