万波奈穂三段が13年目で初V 女流最強戦、夫・伊田篤史八段に感謝 

囲碁
第3回扇興杯女流囲碁最強戦で優勝した万波奈穂三段

 囲碁の第3回扇興(せんこう)杯女流最強戦の決勝が15日、滋賀県東近江市の「迎賓庵あけくれ」で行われ、万波奈穂(まんなみ・なお)三段(32)が180手までで、牛栄子(にゅう・えいこ)二段(19)に白番中押し勝ちし初優勝した。万波三段はプロ13年目にして、初のタイトル獲得となった。

 16人で争う本戦で万波三段は、前期覇者の藤沢里菜女流名人や佃亜紀子五段らを下して決勝に進んでいた。

 万波三段はテレビの解説番組や大盤解説会で聞き手を務めるなど、各地を飛び回り囲碁普及に尽力してきたが、タイトル獲得の経験はなかった。対局後の表彰式で「プロになってから、夢のなかでは何度も優勝しましたが、朝起きて“あ~っ、夢だったか”という繰り返しでした。もうタイトルは取れないと思っていたので、うれしいです」と笑顔をみせた。

 今年2月に、元十段の伊田篤史八段(24)と結婚。今年に入り19勝9敗の成績で、決勝を迎えていた。「結婚してから強くなったといわれます。毎日のように一緒に勉強して、自分の分からないところを教えてくれたおかげ」と伊田八段に感謝の弁も。「タイトルホルダーらしく、これまで以上に一局一局、精いっぱい打っていきたい」と決意を込めた。

 入段4年目の牛二段は昨年の女流棋聖戦三番勝負で、謝依旻(しぇい・いみん)女流棋聖(当時)に1勝2敗で敗れており、またもタイトル獲得を逃した。