【第89期ヒューリック杯棋聖戦】第4局 名局の宿「高島屋」で大盤解説 序盤早指しの展開 - 産経ニュース

【第89期ヒューリック杯棋聖戦】第4局 名局の宿「高島屋」で大盤解説 序盤早指しの展開

ヒューリック杯第89期棋聖戦第4局の大盤解説会。屋敷伸之九段(右)と宮宗紫野女流二段らの解説で、大勢の将棋ファンが大一番を堪能した=10日午後、新潟市西蒲区の岩室温泉・高島屋(飯田英男撮影)
ヒューリック杯第89期棋聖戦第4局の大盤解説会。屋敷伸之九段(右)と宮宗紫野女流二段らの解説で、大勢の将棋ファンが大一番を堪能した=10日午後、新潟市西蒲区の岩室温泉・高島屋(飯田英男撮影)
ヒューリック杯第89期棋聖戦第4局の大盤解説会。屋敷伸之九段(右)と宮宗紫野女流二段らの解説で、大勢の将棋ファンが大一番を堪能した=10日午後、新潟市西蒲区の岩室温泉・高島屋(飯田英男撮影)
 新潟市西蒲区岩室温泉の「高志の宿 高島屋」で10日行われた将棋タイトル戦「第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第4局では午後2時半から、対局の間「常磐」からほど近い大広間で大盤解説会が開かれた。約70人のファンらが参加し、大熱戦の様子をライブで楽しんだ。
 タイトル獲得通算100期に挑む羽生善治棋聖(47)=竜王=と初タイトルに王手をかけた豊島将之八段(28)の大一番。大盤解説会には、立会人の屋敷伸之九段(46)と昇段したばかりの宮宗紫野(みやそう・しの)女流二段(30)が登壇し、序盤の鍵となる一手の意義を説明。両棋士の妙手に、ファンからは「すごいなあ」と感嘆の声が上がった。
 宮宗女流二段は「意外と早指しでしたね」と序盤の様子を紹介。屋敷九段は「豊島八段は決まったところは飛ばしていく。相当研究しているはずですし」と背景を説明した後、「(大盤解説会の前に)終わっちゃうのではないかと心配した」などと軽妙なトークで会場を沸かした。
 こちらの記事で第4局の再現棋譜をご覧いただけます。
 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。
⇒アンケートはこちらから。